秘書技能検定試験を目指せ

秘書技能検定試験とは

秘書技能検定試験は、財団法人実務技能検定協会が実施する文部科学省認定の資格試験で、細かな心遣いと冷静な判断力を併せ持った秘書としての技能を認定する資格です。さらに、秘書技能検定試験は、一般事務職に通じる知識と技能に対する検定でもあるので、秘書技能検定試験に合格すれば、一般事務職の知識と技能を持っている証にもなります。 一般事務職希望者は、是非とも取得しておきたい資格のひとつです(就職、転職に有利)。

秘書技能検定試験の難易度
1級・準1級が10〜15%、2級が50%前後、3級は70%程となっています。

大手企業で使える資格として1級・準1級を持っていれば就職に関してはかなり有望とされています。また、企業によっては資格を取得するよう奨励しているところもあり、手当なども支給されます。 仕事の内容としては、書類作成・管理、スケジュール管理、情報収集・管理、ファイリング、来客の接待など多岐にわたります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。